自費診療・自由診療|東池袋きむら内科クリニック

  • 内科・腎臓内科・糖尿病内科・脂質代謝内科・呼吸器内科
  • 〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-45-3 としまエコミューゼタウン2階
  • 03-5904-8177
WEB予約 オンライン診療
ヘッダー画像

自費診療・自由診療

自費診療・自由診療|東池袋きむら内科クリニック

健康診断

健康診断を希望される方へ

受験・入学・入園・就職や海外留学・海外出張に際する健康診断や診断書作成などを受け付けております。また、定期健診、健康診断、人間ドックなどの結果に関するご相談も承っております。結果はあるけれども、これからどうすれば良いか分からない、病気に関する素朴な疑問などについてもご相談ください。

入社時健診

入社時健診(雇入れ時の健康診断)を行っております。企業様の新規・中途採用時や、個人様の「就職」や「転職」の際など、急な健康診断が必要な場合はぜひお問い合わせください。また指定検査項目や、指定用紙がある場合には、ご予約時にご相談ください。

雇入れ時健康診断(労働安全衛生規則第43条に基づく健康診断) 12,000円(税込)

  • 診察
  • 既往歴及び業務歴の調査
  • 自覚症状及び他覚症状の有無の検査(喫煙歴等の聴取)
  • 身長、体重、BMI、腹囲、視力、聴力検査
  • 血圧測定
  • 血糖検査
  • 尿検査(糖及び蛋白の有無)
  • 貧血検査(WBC,RBC,Hb,HT,PLT)
  • 肝機能検査(GOT,GPT,γGTP)
  • 血中脂質検査(LDLコレステロール,HDLコレステロール,血清トリグリセライド)
  • 胸部レントゲン検査
  • 心電図検査

定期健康診断

定期健診は、1年に1回定期的に行わなければならないと労働安全衛生法で義務付けられた健康診断です。なお50人以上労働者を使用する事業者は、その結果を所轄労働基準監督署に報告しなければなりません。

特定健診

国民健康保険に加入している40~74歳の方を対象に、年1回の健康診査が実施されます。この健診は、自覚症状がなく進行する「生活習慣病」を早い段階から予防するために、メタボリックシンドロームを見つける検査が中心です。健診結果でリスクが高い方には、特定保健指導が実施されます。

健康診断料金表 (税込)

Aコース
5,500円

身体測定(身長、体重、視力、聴力(簡易)、血圧測定)
尿検査(蛋白、糖、ウロビリノーゲン、潜血)
問診、診察

Bコース
7,700円
身体測定(身長、体重、視力、聴力(簡易)、腹囲、血圧測定)
胸部レントゲン検査
尿検査(蛋白、糖、ウロビリノーゲン、潜血)
心電図検査
問診、診察
Cコース
13,200円
身体測定(身長、体重、視力、聴力(簡易)、腹囲、血圧測定)
胸部レントゲン検査
尿検査(蛋白、糖、ウロビリノーゲン、潜血)
心電図検査
血液検査(AST(GOT)、LT(GPT)、γ-GT(γ-GTP)、HDLコレステロール、LDLコレステロール、尿素窒素、クレアチニン、Glu、HbA1c、WBC、RBC、ヘモグロビン、Plt)
問診、診察
Dコース
16,500円
身体測定(身長、体重、視力、聴力(簡易)、腹囲、血圧測定)
胸部レントゲン検査
尿検査(蛋白、糖、ウロビリノーゲン、潜血)
心電図検査
血液検査(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GT(γ-GTP)、HDLコレステロール、LDLコレステロール、尿素窒素、クレアチニン、中性脂肪、尿酸、Glu、HbA1c、WBC、RBC、ヘモグロビン、Plt、ヘリコバクターピロリIgG抗体、ペプシノーゲンⅠ・Ⅱ)
問診、診察

美容師・理容師・調理師・小型船舶操縦身体検査・海技士身体検査・学校受験入学時健診・老人ホーム入所時健診・施設入所時健診など、必要な項目が異なることが多いため、御希望の際はお問い合わせください。

予防接種

予防接種には「定期接種」と「任意接種」の2種類があります。定期接種は各自治体が実施する予防接種のことを言います。定期接種には肺炎球菌ワクチン(65歳以上、5歳刻みで1回)、結核に対するBCGワクチン、麻疹・風疹混合ワクチン(MRワクチン)、日本脳炎ワクチン、水痘ワクチンなどが挙げられ、公費負担となります。任意接種は個人の判断で受ける予防接種となり、自己負担となります。任意接種にはインフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチン、おたふくかぜワクチン、ロタウイルスワクチン、A型肝炎などが挙げられます。各種予防接種をご希望の方は、受付までお問合せください。

接種可能なワクチン

A型肝炎ワクチン
(2~4週間隔で2回、初回接種後6ヶ月経過後1回 計3回推奨)
1回…8,900円
B型肝炎
(4週間隔で2回、初回接種後6ヶ月経過後1回 計3回推奨)
1回…5,000円
肺炎球菌ワクチン 1回…8,500円
麻疹風疹混合ワクチン(MRワクチン) 1回…10,000円
シングリックス 1本…22,000円
インフルエンザワクチン 1回…3,500円

予防接種を受けられない方、注意が必要な方

  • 発熱(37.5℃以上)ある方
  • 重篤な急性疾患を引き起こしている方
  • ワクチンに含まれる成分(卵や抗生物質、安定剤など)のアレルギーがある方
  • 風疹、麻疹の予防接種を受ける予定で妊娠している方
  • 心臓病、腎臓病、肝臓病、血液の病気などで治療を受けている方
  • 未熟児で生まれ、発育状態の悪い方
  • 予防接種後2日以内に発熱や発疹、蕁麻疹などアレルギー症状がみられた方
  • 今までにけいれんを起こしたことがある方
  • 過去に免疫不全の診断がなされている方、また近親者に先天性免疫不全の方がいる方

 

帯状疱疹ワクチン

当院では帯状疱疹ワクチンの接種が可能です。 50歳以上の方へ水痘にかかったことのある方の帯状疱疹予防としての効果が認められています。 50歳以上の方は接種可能ですので、接種をお勧めします。

帯状疱疹とは

体の片側の一部にピリピリとした痛みが現れ、その部分に水ぶくれを伴う赤い発疹が出現する病気です。
水ぼうそう(水痘)に罹ると治った後もそのウイルスが体の中に潜んでいて、免疫力が落ちた時 に発症します。
日本人成人の90%以上が帯状疱疹になる可能性があり、80歳までに3人に1人が発症すると言われています。
特に50歳代から発症しやすくなります。帯状疱疹が頭部、顔面に出ると、目や耳の神経が障害され、めまい、耳鳴りなどの合併症、重症化すると視力低下や顔面神経痛など重い後遺症が残ることがあります。また帯状疱疹が治った後も長期に痛みが残ることがあり、帯状疱疹後神経痛(PHN)と言われています。50歳以上で帯状疱疹になった場合、約2割がこのPHNになると言われています。

帯状疱疹の予防(ワクチン)帯状疱疹を予防するワクチンが2種類あり、各々長所と短所があります。当院ではシングリックスを採用していますが、水痘ワクチン(ビケン)も採用している医療機関はございます。これまでは水ぼうそうの予防にも使われている水痘ワクチンを使用していましたが、2020年1月に新しい帯状疱疹ワクチンである「シングリックス」が発売となりました。 シングリックスは2ヶ月間隔で筋肉内に2回接種しますが、2回目の接種が2ヶ月を超えた場合であっても、遅くとも1回目から6ヶ月後までに接種する必要があります。 シングリックスの帯状疱疹に対する予防効果は、50歳以上の方で約97%、70歳以上の方で約90%と報告されており、水痘ワクチンよりも有効性が高いと考えられます。 また、水痘ワクチンは生ワクチンのため、他のワクチンを接種する場合は、27日以上あける必要がありますが、シングリックス は不活化ワクチンのため、6日以上あければ他のワクチンを接種することができ、免疫抑制をきたす治療を受けている方などでも接種が可能です。 シングリックスを注射すると、体の中で強い免疫を作ろうとする仕組みが働くため、多くの方に注射部位の痛みや腫れがあらわれますが、副反応の多くは3日以内に治まります。シングリックスは2回の接種が必要で、水痘ワクチンと比較すると接種費用が高額となりますが、50歳以上のいずれの年齢層でも高い帯状疱疹予防効果が示されており、帯状疱疹後神経痛(PHN)の発症を減らす効果も期待できます。
帯状疱疹に対する予防接種をご希望の際は、お気軽にお問い合わせ下さい。 以下、おおまかにまとめてみました。ご参考になさってください。

帯状疱疹予防(ビケン) 帯状疱疹予防(シングリックス)
ワクチンの種類 生ワクチン 不活化ワクチン
接種回数 1回 2回(2カ月後に2回目)
遅くとも6カ月後までに接種
予防効果 50〜60% 90%以上
持続期間 5年程度 9年以上
副反応 接種部位の痛み、腫れ
発赤
3日~1週間で消失
接種部位の痛み、腫れ
発赤、筋肉痛、全身倦怠感
3日~1週間で消失
料金 当院未実施 22,000円/回(税込)
長所 1回で済む 免疫が低下している方にも接種可
予防効果が高い
持続期間が長い
短所 免疫が低下している方には、接種できない
持続期間が短い
5年超えると50%有効性が低下
痛い
2回接種が必要
値段が高い

費用

シングリックス 1本 22,000円(税込)

にんにく注射

ビタミンB1を血中から全身にまんべんなく行き渡らせることで、蓄積した乳酸を燃やします。乳酸が燃えることにより血行促進や新陳代謝を高めます。
疲れやすい、風邪をひきやすいなどの症状をお持ちの方にとても有効で、疲労や倦怠感を回復してくれます。ビタミンB1は疲労回復のビタミンとも呼ばれ、糖質の代謝に関わる重要な成分です。エネルギーの生産能力が落ちてしまうと疲労物質が身体に蓄積され、肉体疲労時はもちろんイライラや集中力の低下にも効果的です。
疲れを軽減し肝臓の保護効果・アレルギーの体質改善を図っていきます。

にんにく注射って?
にんにく注射はにんにくを注射するわけではありません。にんにくの成分でもあり、肉体疲労時の栄養補給に効果的なビタミンである、ビタミンB1の注射です。
特にビタミンB1は「精神的ビタミン」と言われる位、神経組織には必要不可欠なビタミンであり、このビタミンが多い人は穏やかな性格とまで言われています。
にんにく注射はどんな時に良いのですか?
上記のように肉体疲労時の栄養補給はもちろん、肩こりや腰痛にも効果的です。にんにく注射一本にはにんにく50個分のビタミンが含まれています。
にんにく注射について
色々な施設で「にんにく注射」と言う名前や似た様な名前で注射が行われております。ネーミングや成分は各施設独自で考えられておりますので効果効能に関しては違いがありますのでHP等で検討の上、ご相談ください。いずれにしても主たる成分はビタミンB群であることが多いのと静脈注射で行われる事が多いので疲労回復の即効性が期待できます。
注射で臭わないですか?
皆様から一番多いご質問です。注射をしている間は、鼻の周囲にアリナミン臭がしますが、にんにくを食べた時の様に口臭がする訳ではありません。
どの位のペースで注射したら良いのですか?
注射のペースはその方のペースで構いません。ご自身が疲れていると感じた時が注射のタイミングです。ビタミンBは水溶性のビタミンであり、摂取しすぎたり、体内に蓄積したりすることはありません。言い換えればすぐに体外に排泄されてしまうため定期的に補う必要のあるビタミンなのです。

施術名:にんにく注射

施術の説明:ビタミンB1を血中から全身にまんべんなく行き渡らせることで、蓄積した乳酸を燃やします。 乳酸が燃えることにより血行促進や新陳代謝を高めます。

施術の副作用(リスク):稀にアレルギー、発赤、腫脹、硬結、動悸、血管痛、痺れ、だるさ、悪寒、冷や汗、めまい、口渇、頭痛、発疹、痒み、むくみ、発熱、せき、胸痛、呼吸困難、胃痛、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、舌炎、肝機能障害、 アナフィラキシーショックなどを生じることがあります。

施術の価格:1,400円(税込)

プラセンタ

プラセンタ注射

プラセンタ注射プラセンタは人胎盤より抽出した医療用医薬品です。 胎盤には5000種以上の高純度の栄養素エキスが蓄えられている驚異の臓器です。 プラセンタ投与で、美肌効果、美白効果、更年期障害の改善、生理痛、生理不順、肩こりの改善、アトピー・喘息・花粉症などアレルギー症状の改善、疲労回復、アンチエイジング効果などが報告されています。

原料

日本国内で満期正常分娩によって出産したヒトのプラセンタを原料として使用しています。 出産されるお母様の血液検査を実施し、ウイルス等で汚染されていないプラセンタを原料として収集します。また、お母様の海外渡航歴により、1980年1月以降にヨーロッパに通算して6ヶ月以上滞在経験のあるお母様のプラセンタは原料から除外されます。 更に、工場への原料受け入れ時に、B型肝炎、C型肝炎、後天性免疫不全症候群(エイズ)、成人T細胞白血病、リンゴ病の5つのウイルスについては、改めて検査し、原料の安全性を確認します。 これに加えて、未知のウイルスの汚染対策として、最終製造工程で高圧蒸気殺菌を行います。こうして、二重、三重の安全対策を経て製造された製品は、最後に製品試験でウイルス等の病原性物質についての確認試験が行われ、安全性について最終確認をした後、出荷されます。

投与方法

当院では以下の理由により静脈注射、点滴注射は施行せず、皮下、筋肉注射のみ施行しています。

  • プラセンタは皮下および筋肉注射のみが厚生労働省で認められています。
    静脈注射、点滴は認められていません。
  • プラセンタの血管内投与により急激な血圧低下を来したなどの副作用も報告されています。
  • プラセンタは血管内投与で速やかに排泄されるため、効果は一時的で、皮下や筋肉注射のほうが効果の持続を望めます。

頻度

個人差はありますが、効果的な注射の方法として、最初の1~2か月は週に1~2回。 その後は、1~2週間に1回のペースをお勧めします。

定期的に継続して注射すると美肌、美白、健康維持をすることができます。
当院では、すべて国産、純正品の安全な日本生物製剤(株)ラエンネック注射を使用しております。

費用

プラセンタ 1A 1,000円(税込、保険適応外)
プラセンタ 2A 1,960円(税込、保険適応外)

※当院で作成した同意書へのサインが必要となります。
※プラセンタを注射することにより、献血は出来なくなります。
 なお、当院では施術は20歳以上の患者様に限らせていただきます。

ダイエット外来

準備中

新型コロナワクチン接種後の
抗体検査について

新型コロナワクチン接種後の抗体検査について

新型コロナワクチンを接種したことによって抗体ができたかどうかを調べる検査(IgG抗体検査)で、ワクチンの効果が測定できる新型コロナウイルス抗体IgG定量検査(抗Sタンパク質抗体)を行っております。
従来の抗体検査は「ウイルスの中にある遺伝子情報とそれをおおっている殻(ヌクレオカプシドと呼ばれます)に対してできた抗体を測定しています。一方で新型コロナウイルスのワクチンは、ウイルス表面にある突起(スパイク)に対する抗体を作るためのワクチンです。そのため、ワクチンを接種した後、自分に抗体ができたかどうかを確認したい方は、このスパイクに対する抗体を測定する必要があります(通常の抗体検査とは異なります。)

2回目の新型コロナワクチン接種後で28日以降での抗体検査により評価が可能となります。この検査は血液中の抗体価を測定し、陰性か陽性かを判定します。
本検査を受けることで、ワクチン接種後、どの程度抗体価が上がったのか(どの程度コロナウイルスに対する抵抗力がついたのか)がわかります。検査には、ロシュ・ダイアグノスティックス社の研究用試薬「Elecsys® Anti-SARS-CoV-2 S」を用います。

今後は、新型コロナウイルスワクチンの接種証明や新型コロナウイルス抗体IgG定量検査(抗Sタンパク質抗体)の結果を持つことが、海外渡航やイベント開催を始め、コロナ前の社会生活を再開するうえで必要になっていくことが考えられます。

費用

検査のみ 8,800円(税込)(検査結果をお渡しいたします)
検査+抗体証明書 11,000円(英文診断書の場合15,000円)(税込)

所要日数

1週間

注意事項

来院される2週間以内に発熱・咳・息苦しさ・強いだるさなどの風邪症状や呼吸器症状または味覚異常や嗅覚異常があり、新型コロナウイルスに感染している可能性のある方は検査対象とはなりませんのでご了承ください。

新型コロナウイルス抗体検査
IgG抗体について

新型コロナウイルス抗体検査IgG抗体について

IgG抗体とは、「既に感染した」方の血液中にみられる免疫物質であり、感染後から徐々に増加し、発症10-14日程度経過すれば、当面の間でほとんどの方の血液中に一定量以上みられます。
過去に新型コロナウイルスに感染していたかを判断するための検査です。PCR検査とは違い、現在感染しているという証拠にはなりません。(当院ではPCR検査や抗原検査は行っておりません。)
「現在、新型コロナウイルスに感染しているかどうか」を判定するものではありません。

費用

7,500円(税込)(検査結果をお渡しいたします)

所要日数

1週間

注意事項

  • 来院される2週間以内に発熱・咳・息苦しさ・強いだるさなどの風邪症状や呼吸器症状または味覚異常や嗅覚異常があり、新型コロナウイルスに感染している可能性のある方は検査対象とはなりませんのでご了承ください。
  • 抗体が陽性であっても「再感染しない」という保証にはなりません。
  • 免疫パスポート・陰性証明書(Immunity Passport)などの発行は行っておりませんので、予めご了承ください。