腎臓内科|東池袋きむら内科クリニック|内科・腎臓内科・糖尿病・呼吸器内科・在宅診療

  • 内科・腎臓内科・糖尿病内科・脂質代謝内科・呼吸器内科
  • 〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-45-3 としまエコミューゼタウン2階
  • 03-5904-8177
WEB予約
ヘッダー画像

腎臓内科

腎臓内科|東池袋きむら内科クリニック|内科・腎臓内科・糖尿病・呼吸器内科・在宅診療

高血圧と腎臓病はお互いに深く関係し、さらには心血管病を合併しやすいです。
高血圧患者数は約4300万人の国民病、慢性腎臓病は患者数約1330万人の新しい国民病(日本全体の8分の1)と言われています。腎障害の存在(アルブミン尿、蛋白尿、血尿などの存在)、腎機能の低下のどちらかあるいは慢性的に続く状態のことを言います。

このような症状の方はご相談ください

  • 腎臓病・高血圧で加療中の方
  • 浮腫み
  • 尿の泡立ちが多い
  • 尿の色や匂いがおかしい
  • 健康診断で腎機能低下や尿の異常を指摘された方

腎臓病

腎臓に急性、慢性に様々な原因で障害を受けことによる病気の総称です。対象疾患は、急性および慢性腎炎、ネフローゼ、IgA腎症、糖尿病や膠原病性腎症、急性および慢性腎不全など全般的に当院で診療を受けていただくことができます。もちろん、入院が必要な腎生検や高度医療検査機器での判断が必要と考えられた場合は、医療連携先へ御紹介することもございます。
健診などでの尿検査異常(尿蛋白や尿潜血陽性)の精査、また患者様ご自身の尿の泡立ちが多い、匂いが臭いなどのお悩みについても、気軽にまずご相談ください。

腎臓病の症状

腎疾患の3大特徴は、血尿、蛋白尿、高血圧であり、特に蛋白尿と高血圧は腎疾患の進行に関与する重大な危険因子です。その他、尿の泡の多さ、貧血症状、倦怠感、浮腫み、夜間頻尿などの症状を呈することがあります。しかしほとんどが自覚症状を認めない無症状なのが、腎臓病のこわいところでもあります。
自覚症状が出てくるような進行した場合には、尿毒症といって老廃物を体の外に排出することができなくなります。体に溜まった老廃物は有毒物質となり、体の不調(倦怠感、食欲低下、感染症など)や認知力や判断力の低下、ひいては意識障害をもたらし、放置すると命を落とす危険性もあります。

腎臓病の治療

腎臓病の診断アプローチに重要なのは、詳細な問診(既往歴、家族歴、発熱や咽頭炎などの先行症状の有無)、身体所見(血圧、浮腫、血管雑音など)、採血・検尿結果の手順をきっちり踏むことで、総合的に判断できます。必要によって、連携病院にご紹介し腎生検などを行っていただくケースもあります。
実際の治療や管理はその原因より様々であり、一概にのべることはできませんが、腎臓内科専門医として、大学病院や地域基幹病院と同じ水準の加療を行えるように心がけております。