内科|東池袋きむら内科クリニック

  • 内科・腎臓内科・糖尿病内科・脂質代謝内科・呼吸器内科
  • 〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-45-3 としまエコミューゼタウン2階
  • 03-5904-8177
WEB予約 オンライン診療
ヘッダー画像

内科

内科|東池袋きむら内科クリニック

代表的な病気

一般内科では、皆様が日常生活の中で比較的遭遇しやすい症状や病気を診療します。下記に代表的な症状や病気を並べてみましたが、「何科に相談したらいいかわからない」などでお悩みの方も実際は多いのではないかと思います。お気軽にご相談ください。循環器疾患、消化器疾患、呼吸器疾患、腎臓疾患、内分泌・甲状腺疾患などにも幅広く対応いたします。

このような症状の方はご相談ください

  • 発熱や咳、痰、鼻水、のどの痛みなど
  • 呼吸がゼーゼーする、息苦しい、咳だけが長く続く
  • 頭痛やめまい、立ちくらみがする
  • 胸が痛い、動悸がする、息切れしやすくなった
  • 腹痛、下痢、便秘、お腹の調子が悪い
  • 吐き気、嘔吐、胃のムカムカ、お腹の張り
  • 食欲がない、最近疲れやすい、体重が減ってきた
  • 花粉症、蕁麻疹、喘息などのアレルギー
  • トイレが近い、排尿時の痛み、血が混ざる
  • 湿疹がでる、皮膚が乾燥してかゆい
  • 夜眠れない
  • 足がむくむ

風邪

鼻や喉に細菌やウイルスが感染し、痛みや炎症を起こすことがあります。
主な症状は、咳、鼻水、鼻づまり、軽いのどの痛みや発熱などで、原因の9割以上がウイルスによるものです。くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどのいがらっぽさなど、鼻やのどの粘膜の異常が顕著にみられます。発熱はあっても微熱程度で、頭痛や全身倦怠感など全身症状があっても軽いのが特徴です。
ウイルス感染には抗生物質が効かないため、治療は対処療法をベースに、症状を抑えるお薬を服用しながら、安静、水分・栄養補給により自然治癒を促します。また、扁桃腺・副鼻腔・呼吸器系の症状が強く、細菌感染を疑わせる場合には、抗菌薬投与が必要になることもあります。
しっかり治療を行わないと、気管支炎や肺炎に進行する場合もありますので、治ったと思って無理をせず、完治するまで継続的な治療を行うことが大切です。

インフルエンザ

インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。
インフルエンザに感染すると、15日の潜伏期間の後、38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。風邪よりも急激に発症し、症状が重いことが特徴です。
健康な人であれば、その症状が37日間続いた後、治癒に向かいます。
気管支炎や肺炎などの合併症を発症しやすく、重症化すると脳炎や心不全になる場合もあります。インフルエンザウイルスには強力な感染力があり、いったん流行すると、年齢や性別を問わず、多くの人に短期間で感染が広がります。
二次感染、合併症の予防のために、できるだけ早く受診することが大切です。予防は、手洗い、うがい、流行期前のインフルエンザワクチン接種と流行期のマスク装着などになります。

急性胃腸炎・感染胃腸炎

胃腸炎のほとんどはウイルス感染(ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスなど)で、一部に細菌性(カンピロバクター、サルモネラ菌、腸管出血性大腸菌など)が見られます。学校・家庭内に感染した人がいる場合、ウイルスが付着した料理を食べたり、手指についたウイルスが口に触れたりすることで感染します。
症状は下痢、腹痛、嘔吐、発熱が多く、治療は脱水を予防し、症状に合わせた内服薬を服用します。細菌性が疑われる場合には便培養の検査も必要に応じて実施し、抗生物質を使用することもあります。共通していることとしては、安静、脱水予防には、自宅で出来る経口補水療法(ORT oral rehydration therapy)が効果的です。
当院では、帰宅してからの家庭内感染予防や経口補水・食事摂取についても、しっかり説明いたします。

頭痛

頭痛はとても身近な症状です。頭痛には沢山の種類があり、放っておいても大丈夫なものや、すぐに専門的な治療が必要なものがあります。以前から同じような頭痛を繰り返している場合、緊張型頭痛や片頭痛の可能性が高いです。それぞれにあった治療法、治療薬がありますのでご相談ください。必要時には連携施設で頭部CTMRIを行います。
急におこった頭痛で、これまでに経験がないひどい頭痛、熱がある、手足の麻痺やしびれを伴う、しゃべりにくい、数週間のうちに悪化してくる、吐いてしまうなどの場合には、至急、脳神経内科・外科を受診する必要があります。直接高次医療機関を受診いただくか、当院からご紹介いたします。

貧血

「貧血」は少し説明が厄介で、われわれ医療従事者にとっての「貧血」と、一般的に使われる「(脳)貧血」とは全くの違うものなのです。医療従事者がいう貧血とは血液中の赤血球が不足していることを意味します。貧血には色々な原因がありますが、一番多いのは、鉄欠乏性貧血です。赤血球を作る材料(鉄分)が不足しているために、血液の流出(女性の場合は月経、高齢者の場合はがんだったりします)に赤血球の製造が間に合わなくなった状態です。症状は、体を動かしたときに息切れや動悸、頭痛、めまい、立ちくらみ、疲れやすくなるなどの症状が見られます。また鉄が不足することで、爪が割れやすくなる、唇の端や舌に炎症が起こる、氷などを無性に食べたくなる、髪が抜ける、肌が荒れるなどの症状が見られることもあります。原因によって治療方法や受診する科が異なってきますので、まずはご相談ください。

起立性調節障害(起立性低血圧)

急に立ち上がった場合や、長時間立っている時に、失神、めまい、冷や汗、吐き気、脈拍があがるなどの症状は、医学的には「脳貧血」という言葉は使わず、「起立性調節障害(起立性低血圧)」と言います。思春期のお子様や、若い女性に多く見られ、症状は午前中に強く午後には軽くなるのが特徴です。お子様の場合、夜になるとテレビを見たり、スマートフォンを操作したりして、その楽しむ様子から回復したように見受けられることがあります。ところが、また朝になると体調が優れず、学校を休みがちになるので、周りからは「怠けているのでは」と誤解されることも多いようです。小学校高学年全体の約5%、中学生は全体の約10%の子どもが発症するといわれる、非常にありふれた疾患ですので、周りが正しく病気を理解し、治療に協力してあげることが大切です。日常生活における改善策を試しながら、成長とともに自然と回復する場合が多いですが、症状が強い場合には内服薬や漢方薬などを試してみる場合もあります。当院では、他の病気(脳神経疾患、不整脈、貧血などの内科的疾患)がないかを、診察・検査等で慎重に除外したうえで、一人一人にあった治療法を提案いたします。

むくみ外来

むくみ(浮腫)について

むくみ(浮腫)とは、体から水分が十分に排泄されないため、体内に余分にたまっている状態で、ご本人が気づいたときには、通常は2~3kg以上の体重増加を伴うことが多いです。特にむくみが起きやすいのは足です。足は血液を送り出している心臓からもっとも遠く、重力の影響も受けるため、足には血液を心臓へ戻すための特別なメカニズムがあります。人間の下半身には、多くの血液が集まり効率よく戻すために、ふくらはぎの筋肉がポンプの役割を果たしています。ふくらはぎの筋肉が伸び縮みすることで筋肉がポンプの役目を果たし、血液は心臓へ戻されます。また、心臓へと戻す血管である静脈弁があり、逆流を防いでふくらはぎのポンプ効果をサポートしています。浮腫は通常、左右対称であり、むくんでいる部分を指で10秒以上強く押えると、へこみが残ります。最初は足首のくるぶし付近にみられます。体重が5kg以上増えると、全身にむくみがひろがり、肺の中に水がたまることがあるため、緊急の対応が必要となることが多いです。

むくみ(浮腫)の症状セルフチェック

  • 1日中むくんでいる
  • むくみが何日も引かない
  • 足の血管がコブのように浮き出ている
  • むくみだけでなく、だるさや痛みもある
  • 急な体重増加
  • 顔・まぶたにむくみがある
  • 坂道や階段で息切れする
  • 疲れやすい
  • 尿がうまく出ない、量が少ない、回数が減った

上記のような症状があったら、緊急に治療が必要な病気の可能性もありますので、当院へ受診ください。

むくみ(浮腫)の原因

むくみの原因には様々な病気があり、主に腎臓病、心臓病、肝臓病、甲状腺機能異常、下肢静脈の血栓、静脈瘤、リンパ液のうっ滞、外傷、感染、生活習慣によるなどが考えられます。

1内臓関連の原因

腎臓の場合は、腎臓の機能そのものが低下し、余分な水分やナトリウムが排出できなくなるとむくみが起こります。むくみはまた、腎臓病によって血液中に含まれるタンパク質(特にアルブミン)が大量に尿中へ漏れ出てしまう場合にも発生します(ネフローゼ症候群)。血液中のアルブミン濃度が大きく低下すると、血液中の水分が組織に漏れ出るようになるためにむくみが起こります。足のむくみがある方は夜間頻尿になることがあります。 心臓の場合は、心不全(心臓から十分な血液が全身に送り出されなくなった状態)に陥り心臓に戻れなくなくなった血液が肺や足に蓄積し、腎臓に対し塩分と水分を保持するように指示する信号が送られた結果、組織中に塩分と水分が蓄積されむくみが起こります。 進行した肝疾患があった場合でも、腎臓に対して塩分と水分を保持するように指示する信号が送られる結果、血液中のタンパク質が減少し、組織中への水分の漏出が促進されむくみが起こります。 甲状腺機能が低下した場合は両下肢にむくみがでたりすることがあります。

2生活習慣に関連するむくみ

  • 長時間同じ姿勢を続ける

    長時間同じ姿勢を続ける立ち仕事やデスクワークなどで同じ姿勢を続けている時間が長くなるとい場合、ふくらはぎの動きが減って筋肉の収縮によるポンプ機能がうまく働かなくなって血液が心臓に戻りにくくなり、むくみにつながります。こうしたむくみを放置していると下肢静脈瘤へ進行する可能性が高まります。

  • 運動不足

    運動不足によるふくらはぎの筋力低下によって筋肉によるポンプ機能が低下し、足の血液を心臓に送り戻す機能が悪くなり血液がうっ滞してむくみます。

  • ダイエット

    過度なダイエットによりタンパク質やビタミン、ミネラルが不足したり、足の筋肉が衰えて筋力が低下したりして、血行が悪化してむくみがでます。

  • 過剰な塩分のとり過ぎ

    食事でナトリウムを摂りすぎると、身体は余分な水分を貯め込みます。それは、血液内の老廃物をフィルターにかける腎臓が、電解質の濃度を一定に保とうとするからです。濃度とはつまり、カリウムや水分に対するナトリウムの比率のことです。
    食事に塩分が多く含まれていると、腎臓は体内でより多くの水分を維持しようとします。そのせいで、好ましくない反応が起き、浮腫(手や腕、足、足首、脚などのむくみ)などの症状となって現れます。一般的に水分量が多ければ、静脈や動脈を流れる血液の量も増えます。すると、時間とともに血管が固くなり、高血圧を引き起こす可能性が出てくるのです。

  • ビタミン、ミネラル、たんぱく質の不足

    カリウム、カルシウム、マグネシウムといったミネラルや、ビタミンB1、ビタミンE、タンパク質の不足によってむくみを生じやすくなります。

  • アルコールの過剰摂取

    アルコール摂取アルコールを過剰に摂取すると身体の水分が失われて血液の濃度が上がるため、濃度を下げるために血管内へ水分が取り込まれていきます。この取り込まれた水分がむくみを生じさせます。

  • 体温調節不足

    エアコンなどで温度変化が少ない環境下で長時間過ごしていると、体温調整にかかわる自律神経の働きが鈍って水分の代謝が滞り、むくみが起きます。

  • 冷え

    冷えの最大の原因は血行不良です。血行不良によって老廃物や余分な水分がスムーズに排出されなくなってむくみが起こります。

  • 女性特有のむくみ

    筋肉量が少なくいため女性は健康な方でも足のむくみが起こりやすい状態です。さらに、ホルモンの働きによってむくむケースもよくあります。また、生理前には黄体ホルモンの分泌量が上昇し、余分な水分がたまりやすい状態になるため、むくみやすくなります。このような場合は当院ではサプリメントをおすすめしております。

3血管に関連するむくみ

  • リンパ浮腫

    血管と同様に全身を流れるリンパ管を流れるリンパ液の流れが何らかの原因で滞ってむくみが起こっています。原因として多いのが、がん治療で受けた手術後に起こるものです。手術直後に発症する場合や5年、10年たってから突然発症する場合があります。がんの手術を受けていない場合でも起こることがあります。原因がわからない場合を特発性リンパ浮腫と言います。

  • 下肢静脈瘤

    ふくらはぎのポンプ機能をサポートするため、足の静脈には逆流を防ぐ弁がついています。この静脈の弁が壊れて逆流した血液が足にたまってしまうことが原因です。

これらのように多数の疾患が隠れていることが多いのも、むくみの特徴となります。当院では「むくみ外来」を行っておりますので、ご相談ください。